デジタルパーマとは?

デジタルパーマとはロッドを熱くしてかけるパーマの一種です。昔のホットパーマと違って、温度を調節して低温でパーマをかけることができるため、短い髪の毛でも対応できます。

髪を乾かした時にパーマが再現できるので、セットやスタイリングの手間が省けるという点も人気の理由の1つです。薬剤と熱でカールの形状をしっかり記憶させるため、持続性も高いです。


デジタルパーマは、通常のパーマ(コールドパーマ)とは違い、熱を加えて髪に形状を記憶させることでパーマのもちをよくします。

薬剤を浸透させた上で、熱で形状をカチッと固定するので、立体的で弾力性のあるカールを実現できます。リッジ感の強いウェーブやカール、かわいいクルクルヘアにしたい、という人にはおすすめです。デジタルパーマは通常のパーマより1.5〜2.0倍ほど長持ちします。

髪が濡れている状態のときはまっすぐで、髪を乾かすと、くるくるとパーマをかけた形に戻るのも特徴です。忙しい朝も、髪を湿らせてドライヤーをかけるだけで、簡単にセットできるので、スタイリングも楽です。

関連記事

  1. ヘッドスパで重要なオイル

  2. 奈良でヒト幹細胞の講習を受けてきました!

  3. 新しい絵本を追加しました☆

  4. クイックトリートメントについて

  5. ワックスはドライの後で☆

  6. シャンプー台は、横からの方がお勧めです☆

  7. お子様も退屈しないように♪

  8. 髪って何からできてるの?

  9. 感染症対策

  10. 髪の毛はどんなふうになってるの?

  11. 【生活の木のおいしいハーブティー】

  12. ヘアドネーション再開いたしました☆