知っているようで知らない!?美容師が教える正しいシャンプーの仕方

皆さんは日頃、お風呂で髪を洗っていると思いますが、頭皮や毛髪を美しく、健康に保つためにどのようなことに気をつけて洗髪をしたら良いかご存知でしょうか。今回は、美容師が日頃おこなっているシャンプーやリンス、トリートメントの正しい仕方や豆知識をご紹介したいと思います。

1.予洗い

まず、シャンプーの前に髪の毛を濡らすことを「予洗い」と言います。この予洗いをしっかりと行うことで、髪のほこりや汚れをかなり落とすことができます。また、頭皮、髪全体がしっかりと濡れていると、シャンプーが泡立ちやすくなりますので、まずはしっかりと予洗いをしてください。

お湯の温度は、大体38℃くらいが適温です。

2.シャンプー

しっかり予洗いをしたら、シャンプー剤を手のひらでよく泡立ててから頭皮につけていきます。この時、 髪ではなく頭皮を洗うことを意識しましょう。洗うときは指の腹を使って洗います。ごしごし洗いたいときもあるかもしれませんが、爪を立てると頭皮が傷つくので注意しましょう。またその際、洗いだけなく、頭皮マッサージもすると良いでしょう。

3.すすぎ

全体の泡立て、頭皮マッサージが終わったら、最後にシャンプーを流します。
実は頭皮トラブルの原因の多くが洗い流しによるものが多いです。シャンプーのぬめりが取れていても、成分が残っている場合が多く、予洗いよりも丁寧に、時間をかけてしっかりと洗い流すことを心掛けると良いでしょう。
忘れがちな耳の後ろや襟足を、意識的にしっかりと洗い流してください。すすぎが不十分だと、首元にできものができることがあるので、気をつけましょう。

シャンプーは、自分の髪質や目的に応じたシャンプー剤を選ぶことも大切です。

家族でも、頭皮環境や髪質は違いますので、本来なら一人ひとり、分けて使用することが望ましいと思います。(年齢や頭皮の状態【乾燥・フケ、皮脂過多・ベタつきなど】によって)

しかし、どのシャンプーを選べば良いのか迷う方もいらっしゃると思います。そういった場合は、僕やスパニストの友香子さんが、お客様にあったシャンプーをご提案しますので、遠慮なくお聞きください。

4.トリートメント

シャンプー後の髪の毛は水分が多く含まれているため、トリートメントが浸透しにくくなっています。シャンプー後に髪の水分をしぼったり、面倒ですがタオルで水分をとることでトリートメントの吸収率があがります。

髪の毛で最もダメージを受けやすい部分は毛先だと思います。ですから、根元につけず、毛先中心につけることが大切です。(根元につけてすすぎが不十分だと、フケやかゆみになることがあります)

トリートメントをすることは、髪に栄養成分を吸収させる行為ですので、時間を置くことで効果が上がります。ですから、すぐに洗い流したりせず、待っている間に身体を洗ったり、ホットタオルで髪を覆うなど、3~5分じっくりトリートメントを浸透させてから、しっかり洗い流しましょう。

関連記事

  1. ダメージの気になる方にオススメ、プレジールの一番人気のシャン…

  2. プレミアムトリートメントとは

  3. 美容院の当日、自宅でのシャンプーは?

  4. 頭皮トラブルやフケ、痒みがお悩みの方にはこちらのシャンプーを…

  5. 髪のボリュームやハリコシ、ふんわりさせたい方にオススメシャン…